産婦人科学は、産科学、婦人科学、生殖医学、女性医学の4つの専門分野に分かれています。私はこれまで、これらの分野に偏りなく、さまざまな基礎・臨床研究を行ってまいりました。主なものについてご紹介いたします。

  1. 先天性サイトメガロウイルス感染における母子感染リスク因子の解析
  2. 血液凝固異常合併妊婦における周産期リスクの解析と治療法の検討
  3. 自然流産における免疫学的異常の解明
  4. 子宮体癌に関する予後因子の解析
  5. 卵巣がんと血栓塞栓症
  6. 婦人科がんにおけるPET/CTの臨床応用

1 産科学: 先天性サイトメガロウイルス感染における母子感染リスク因子の解析

 サイトメガロウイルス(CMV)は、通常幼児期に飛沫感染で感染しますが、日本人妊婦の抗体保有率は70%以下まで減少しているとされます。CMVは、母子感染により胎児および新生児に形態異常(小頭症、肝脾腫など)や機能障害(難聴、精神発達遅滞など)をきたすTORCH症候群のひとつです。われわれは、CMV IgM抗体陽性のハイリスク妊婦において,胎児超音波異常とIgG avidity (AI) 低値が,CMV先天性感染のリスク因子であることを明らかにしました(Sonoyama A, Ebina Y, et al. J Med Virol. 84, 1928-1933, 2012).そして,先天性感染の予知のためには,AIのカットオフは40%が最適であることを見出しました(Ebina Y, et al. J Perinat Med. 42, 755-759, 2014).

さらに,CMV初感染を疑うハイリスク妊婦において,単位期間あたりのAI増加率(ΔAI)が高いと先天性感染の頻度が高く,ΔAIによる先天性感染の予知を新たに提唱しました(Ebina Y, et al. J Clin Virol. 66, 44-47, 2015).

2 産科学:血液凝固異常合併妊婦における周産期リスクの解析と治療法の検討

Thrombophiliaは血液凝固異常をきたす病態であり、血栓塞栓症の発症のみならず妊娠異常の原因にもなります。われわれは1220名のコホート研究により,妊娠初期のプロテインS(PS)活性およびフリープロテインS低値の女性は,妊娠高血圧のリスクがあること,そして第XII因子低値の女性は34週未満の早産リスクがあることを発見しました.欧米人とアジア人では,遺伝的背景の違いにより血栓塞栓症のプロファイルが大きく異なるとされています.この研究により日本人妊婦においては,欧米人にみられないようなPS低値の影響が強く認められること.そして第XII因子低値と早産との関連をはじめて示した点が評価されました(Ebina Y, et al. Thromb Haemost. 114, 65-69, 2015).

 一方,先天性アンチトロンビン(AT)欠乏症妊婦において,遺伝子変異のタイプと臨床像を検討し,いずれのタイプでもAT補充が良好な周産期予後につながることを明らかにしました(Ebina Y, et al. Exp Clin Cardiol. 20, 145-159, 2014).

また血液凝固異常合併妊婦に対して,低分子ヘパリンの予防投与の有用性を本邦で初めて報告しました(Ebina Y, et al. J Obstet Gynaecol Res. 28, 251-257, 2002 ).

3 生殖医学:自然流産における免疫学的異常の解明

 染色体正常流産の脱落膜における,T細胞の活性化による細胞障害性亢進,制御性T細胞の増加を初めて明らかにしました.染色体正常流産における新たな免疫学的要因について報告しました(Ebina Y, et al. Am J Reprod Immunol. 76, 199-204, 2016).

 同様に、染色体正常流産の脱落膜では、M1マクロファージが増加しており、妊娠維持にM1/M2バランスが関与していることを見出しました(Shimada S, Ebina Y, et al. Am J Reprod Immunol. doi: 10.1111/aji.12791, 79, 2018)また,不育症女性における非妊娠時の末梢血Natural killer(NK)細胞活性の高値は,不育症の病因や病態に関係があることを明らかにし,非妊娠時のNK細胞活性値による治療の個別化の可能性を示しました(Ebina Y, et al. J Reprod Immunol 120, 42-47, 2017).

4 婦人科学:子宮体癌に関する予後因子の解析

子宮体癌は罹患率が増加しているとても重要な疾患です。わたしたちは種々の病理組織学的因子と予後との関連に関する研究を行ってまいりました。腹腔内に悪性細胞が存在するすなわち腹腔細胞診陽性となることが、予後不良因子とならないことを明らかにし(Ebina Y, et al. Int Surg. 82, 244-248, 1997)、その成果が子宮体がん治療ガイドラインの推奨の根拠とされました。

また,CA125値と組織核異形度の組み合わせによって,新たな傍大動脈リンパ節転移予測法を提唱しました(Ebina Y, et al. Acta Obstet Gynecol Scand. 81, 458-465, 2002).

一方、腫瘍のテロメレース活性が,病理組織学的因子,予後と関連性を有することも明らかにしました(Ebina Y, et al. Int J Cancer. 84, 529-532, 1999).

5 婦人科学:卵巣がんと血栓塞栓症

悪性腫瘍患者では、血栓症発生リスクが高いことが知られています。なかでも卵巣がん患者では肺血栓塞栓症が初発症状になることが珍しくないくらいその頻度が高いです。われわれは、卵巣がんを疑う治療前患者全員に、D-dimer測定と下肢エコーを行いました。その結果、22.7%(25/110人)に下肢静脈血栓症(2人は肺血栓塞栓症を合併)を認めました。うち21人は、血栓症に関する症状はありませんでした。そして、このD-dimer高値と明細胞癌であることが血栓塞栓症と深い関連があることを明らかにしました(Ebina Y. et al. Medicine 97, e11009, 2018)

6 婦人科学:婦人科がんにおけるPET/CTの臨床応用

 PET/CTが保険適応となる前から、北大核医学教室と共同で、PET/CTの臨床応用に関する研究に取り組んできました。そして、神戸大放射線科に協力して初発および再発時におけるPET-CTの有用性と限界について数多くの論文を発表しました(Kitajima K, Ebina Y, et al. Eur J Radiol. 81, 3557-3562, 2012, Kitajima K, Ebina Y, et al. Eur J Nucl Med Mol Imaging. 42, 1268-1275, 2015)。さらに、再発卵巣癌における腫瘍減量手術を行う症例選択におけるPET-CTの有用性を明らかにし、難治例の予後改善につながる可能性を示しました(Ebina Y, et al. Eur J Nucl Med Mol Imaging. 41, 466-451, 2014).