2022年8月17日 北大チアリーダー部が小学生に活動を紹介しました。

小学生が大学生活について知る企画があり、チアリーダー部が活動を紹介しました。当日は、札幌市内の30名を超える学童保育の小学生が、部活動を体験し、観るだけでなくいっしょに身体を動かしました。いろいろと行動制限があるコロナの時期に、とても貴重な時間になったのでは・・・と思います。お疲れ様でした。(於 北大第一体育館)

2022年3月24日 学位記授与式

午前中は学部生。全学の式に引き続き、看護学専攻で学位記授与式を行いました。ゼミの5名もそろって卒業です。4月からそれぞれの道へ旅立っていきます。おめでとうございます。

午後は学院生。竹内瑞季さんが修士課程を修了しました。学部卒業時期からちょうどコロナ禍がはじまり、真っ只中での修士2年間でした。様々な困難にもめげずに、当初の目標どおりの実習や、調査研究、論文投稿まで成し遂げました。おめでとうございます。

2021年12月18日 北大チアリーダー部がJAPAN CUP 2021 日本選手権大会に出場しました。

蝦名教授が顧問を務める北大チアリーダー部 CADENDIAが、JAPAN CUP 2021 日本選手権( 2021年12月17日~19日、東京国立代々木競技場 第一体育館)へ出場しました。

部長の大石さんによると、「全国のレベルの高さを感じるとともに、コロナ禍を乗り越えたチアリーダーたちに出会い心が動かされました。チームの演技は練習の成果を発揮するもので、全員が笑顔で終えることが出来ました。年明け1/16にNHKで放送されるので、今から楽しみにしているところです。」とのことです。昨年5月から顧問を担当していますが、コロナ禍で長期間にわたり練習ができないばかりか、新人の勧誘も満足にできず、部員のつながりを保つもの大変だろうと感じていました。そんな状況を乗り越えて、晴れ舞台で思い切りの演技ができて、とてもよかったと思います。お疲れ様でした。

2021年10月29日 ゼミ写真

2021年10月1日に、新型コロナウイルス感染拡大予防のための行動指針がLevel 2になり、ようやく対面でゼミができるようになりました。10月29日(金)は定例ゼミ日、保健の校舎周囲とすぐとなりの13条銀杏並木は、ほぼ紅葉(黄葉)ピーク!との判断で、風が強く肌寒い日でしたが「ゼミ写真」撮影を強行しました。その週末には、ものすごい嵐が吹き荒れてことしの紅葉は終了したのでした。

2021年3月25日 学位記授与式

水口実咲さん、吉田ひかるさんが修士課程を修了しました。コロナ禍の様々な困難にもめげずに、当初の計画どおりの調査研究を成し遂げました。おめでとうございます。

雪はたくさん残っていますが穏やかな天気であり、6年間を過ごした思い出の校舎前での撮影が可能でした。

2021年2月4日 修士課程学位論文公開発表会 

M2のふたりは、昨年後半から学位論文作成・提出、発表会準備・・・と着実にこなし、この日の発表会を迎えました。終了後のホッとした表情がこれですね。お疲れさまでした。