保健科学院は、保健科学への医療および社会の大きなニーズに応えるため、学部教育や実務経験で培った専門的な技術や知識を向上させ、高度な専門的判断能力と医療技術の実践的能力を身につけ、エビデンスに基づく保健科学の発展を担う高度医療専門職および保健科学研究をリードする教育者・研究者を育成することを目的としています。

看護学コースでは、主に保健医療系学部・学科を卒業した、看護師、保健師、助産師に対する人材育成を行っています。

  • 看護学および関連領域における最新の知識と技術、倫理的判断力、企画評価能力及びグローバルな視野を備えた、教育・研究を担う学識豊かな人材を育成する。
  • 看護実践領域における最新の知識、専門技術及び判断力を備え、倫理問題や複雑な健康課題に対応でき、指導的役割を担う専門性の高い実践能力を有する人材を育成する。
  • 看護系教育機関で看護師、保健師、助産師を育成する教員を目指す者には、個別の課題研究や研究指導を通じて、探求心や研究能力を涵養し、そのうえで、博士課程へ進学する力を身につけさせる。

 大学院においては、これまでわたくしが研究してきた生殖医学・周産期医学の最新知見をベースとした教育を行います。産科学や助産の実務のみならず、女性のライフサイクルを通じて性と生殖に関連する新たな問題点を発見し、その支援方法について研究を行います。その過程で、専門領域での最新知識の整理、論理的思考能力、倫理的判断力、コミュニケーション能力、マネジメントや調整能力が養われていきます。