検査技術専攻 学科共通科目2年次(1学期)

保健生理学(分担 担当教員)

生殖生理 1. 8月3日(月) 2. 8月5日(水)

生命の目的は、個体の維持と種の保存である。種の保存は、両性の生殖機能に依存しており、生殖機能は、発生、分化、発達、成熟、そして老化の過程を経て大きく変化する。そのため、下記の項目について理解することが必要である。 

  1. 生殖腺の性分化・発達(性の決定、生殖腺の性分化、副生殖腺の性分化、視床下部-下垂体-性腺系、思春期)
  2. 男性の生殖機能(男性生殖系の構造、男性生殖機能、精子、男性の生殖活動、男性生殖機能の変化)
  3. 女性の生殖機能(女性生殖系の構造、生殖機能の調整:周期的変化、卵巣周期、子宮内膜周期、女性生殖機能の老化)
  4. 妊娠と分娩(受精、着床、胎盤、羊水、胎児、母体の変化、授乳)

全学教育科目 一般教育演習(フレッシュマンセミナー)1年次(1学期)

女性と子供の健康 (分担 担当教員)

「生涯を通じて女性の健康を支える」をテーマに、4回の授業で基本事項のレクチャーののち、調査、グループワークと発表を行います。

  1. 7月23日(木) 講義「女性のライフステージと生理・健康障害」 → 課題1提出
  2. 7月30日(木) 講義 「若年女性の健康障害」
  3. 8月6日(木)  講義「中高年女性の健康障害」 → 課題2
  4. 8月13日(木) グループワーク/発表 → まとめレポート提出

グループワークのテーマ「女性の生涯にはどのような健康障害があり、どのような支援が必要なのであろうか?」 講義、動画、体験談、調べた内容を踏まえて、ブレイクアウトルームで意見交換 (2グループに分かれ、約1時間)司会、書記、発表者を予め決める。Power Pointを使って意見集約し、3枚から5枚程度にまとめる。その後、各グループの発表5~6分。総合討論。

学士課程 看護学専攻2年次(2学期)

母性健康障害論 (責任教員)

具体的な授業方法などについては、ELMSにて確認ください。

月日曜日時限授業テーマ具体的内容
19月28日3生殖の生理、正常な妊娠経過発生・性分化のメカニズム
第二次性徴・思春期
性成熟期の性周期
受精・着床(妊娠の成立)
妊娠経過と胎児の発育
母体の生理的変化(妊婦貧血を含む)
210月5日3思春期・性成熟期女性の健康障害1月経異常(月経困難症、月経前症候群)
婦人科良性疾患(子宮筋腫、内膜症など)の病態と治療
避妊とピル
310月12日3思春期・性成熟期女性の健康障害2婦人科悪性疾患(子宮がんなど)の病態と治療
HPV感染とワクチン
410月19日3更年期・老年期女性の健康障害更年期障害
骨粗鬆症
骨盤臓器脱・尿失禁
萎縮性腟炎・外陰炎
510月26日3妊娠期の異常不妊・不育症、異所性妊娠
流産/切迫流産、早産/切迫早産、頚管無力症、過期妊娠
妊娠悪阻・妊娠高血圧症候群・胎児発育不全
多胎妊娠・血液型不適合妊娠
前置胎盤・常位胎盤早期剥離
611月2日3妊娠・分娩期の異常合併症妊娠(妊娠糖尿病を含む)
母子感染
胎児機能不全(胎児心拍モニタリングを含む)
胎位異常・前期破水・陣痛異常
711月9日3分娩・産褥期の異常急速遂娩・帝王切開
分娩時異常出血
分娩による損傷
帝王切開術後・血栓塞栓症
子宮復古不全・産褥熱
産後精神障害
811月16日3リプロダクティブヘルスに関する倫理生殖補助医療と倫理的課題
出生前診断と倫理的課題

学士課程 看護学専攻2年次(2学期)

保健薬理学 (分担、担当教員)

具体的な授業方法などについては、ELMSにて確認ください。

月日曜日時限授業テーマ具体的内容
11月5日4産科とくすりくすりと胎児異常
妊娠中のくすりの使い方
切迫早産に用いるくすり
分娩時に用いるくすり
授乳中のくすりの使い方
11月12日4婦人科とくすり続発性無月経の治療
OCとLEP
ホルモン補充療法
そのほかのホルモン療法