北海道大学大学院保健科学院は、保健科学への医療および社会の大きなニーズに応えるため、学部教育や実務経験で培った専門的な技術や知識を向上させ、高度な専門的判断能力と医療技術の実践的能力を身につけ、エビデンスに基づく保健科学の発展を担う高度医療専門職および保健科学研究をリードする教育者・研究者を育成することを目的としています。

修士課程

 看護学コースでは、主に保健医療系学部・学科を卒業した、看護師、保健師、助産師に対する人材育成を行っています。

  • 看護学および関連領域における最新の知識と技術、倫理的判断力、企画評価能力及びグローバルな視野を備えた、教育・研究を担う学識豊かな人材を育成する。
  • 看護実践領域における最新の知識、専門技術及び判断力を備え、倫理問題や複雑な健康課題に対応でき、指導的役割を担う専門性の高い実践能力を有する人材を育成する。
  • 看護系教育機関で看護師、保健師、助産師を育成する教員を目指す者には、個別の課題研究や研究指導を通じて、探求心や研究能力を涵養し、そのうえで、博士課程へ進学する力を身につけさせる。

博士後期課程

 看護学コースでは、主に看護学系の修士課程の修了者を対象に、多様化・複雑化する医療および看護ニーズの要請に対応できる看護学の理論構築と体系化を推進し、創造的に看護学の発展に寄与する人材を育成する。

  • 病院等の保健医療福祉施設の管理・運営に参画する看護部長等のトップマネジメントを担うことが期待される看護管理者を育成する。
  • 地域保健を推進する医療および看護に関連した政策策定に参画する行政ならびに保健組織における看護管理者を育成する。
  • 看護系大学および大学院において、高度の専門的知識・技術および態度を教授する教育者を育成する。
  • 看護系大学および大学院または関連する研究機関において、看護学に関する創造的な研究を推進する研究者を育成する。